芸能人・経営者のおくやみ情報

新田次郎 氏

作家[日本]

1980年 2月15日 死去心筋梗塞享年69歳

新田次郎 - ウィキペディアより引用

新田 次郎(にった じろう、本名:藤原 寛人(ふじわら ひろと)、1912年6月6日 - 1980年2月15日)は、日本の小説家、気象学者。
無線電信講習所(現在の電気通信大学)卒業。
中央気象台に勤めるかたわら執筆。
山を舞台に自然対人間をテーマとする、山岳小説の分野を開拓した。
『強力伝』(1955年)で直木賞受賞。
作品に『孤高の人』(1969年)、『八甲田山死の彷徨』(1971年)などがある。

関連作品

新田次郎が亡くなってから、42年と350日が経過しました。(15691日)