芸能人・経営者のおくやみ情報

堀川弘通 氏

映画監督[日本]

2012年 9月5日 死去食道がん享年97歳

 - ウィキペディアより引用

堀川 弘通氏(ほりかわ・ひろみち=映画監督)5日午後3時、食道がんのため東京都世田谷区の自宅で死去、95歳。京都市出身。葬儀は親族で行い、後日しのぶ会を開く。喪主は長男博史(ひろし)氏。 40年東京帝大文学部卒後、東宝入社。黒沢明監督の映画「わが青春に悔なし」「七人の侍」などで助監督を務め、55年の「あすなろ物語」で監督デビュー。「黒い画集 あるサラリーマンの証言」「アラスカ物語」などの作品を残した。 

映像作品

関連書籍

ほりかわ-ひろみち 1916-2012昭和後期-平成時代の映画監督。大正5年12月28日生まれ。社会学者・堀川直義の弟。昭和15年東宝にはいり,30年「あすなろ物語」で監督デビュー。「女殺し油地獄」「裸の大将」「黒い画集・あるサラリーマンの証言」「アラスカ物語」などを手がける。独立プロにうつり,60年の「ムッちゃんの詩」など児童・教育映画を発表。平成24年9月5日死去。95歳。京都出身。東京帝大卒。 (引用元 コトバンク)