芸能人・経営者のおくやみ情報

ギュンター・グラス 氏Günter Grass

作家[ドイツ]

2015年 4月13日 死去享年89歳

 - ウィキペディアより引用

ギュンター・グラス(Günter Grass, 1927年10月16日 - 2015年4月13日)はドイツの小説家、劇作家、版画家、彫刻家。
代表作に『ブリキの太鼓』など。
1999年にノーベル文学賞受賞。
来歴・人物 ギュンター・グラスはダンツィヒ(現ポーランド領グダニスク)で生まれた。
父はドイツ人の食料品店主、母は西スラヴ系少数民族のカシューブ人。
当時、ヴェルサイユ条約によりドイツから切り離され、国際連盟の保護下に形式上独立国だったダンツィヒ自由市で、ドイツとポーランドをはじめとする様々な民族の間で育ったことが、その後のグラスの作品に大きく影響することになった。
15歳で労働奉仕団・空軍補助兵を務め、17歳で武装親衛隊に入隊した後、敗戦を迎え、米軍捕虜収容所で半年間の捕虜生活を送る。
その後、デュッセルドルフで彫刻家・石工として生計をたてながら美術学校に通い、詩や戯曲なども書く。
1958年には朗読による作家・批評家同士の作品発表の場「47年グループ」で才能を認められ、1959年発表の長編小説『ブリキの太鼓』で一躍有名作家となった。

関連作品