芸能人・経営者のおくやみ情報

ギュンター・グラス 氏Günter Grass

作家[ドイツ]

2015年 4月13日 死去享年89歳

ギュンター・グラス - ウィキペディアより引用

ギュンター・グラス(Günter Grass, 1927年10月16日 - 2015年4月13日)はドイツの小説家、劇作家、版画家、彫刻家。
代表作に『ブリキの太鼓』など。
1999年にノーベル文学賞受賞。
来歴・人物 ギュンター・グラスはダンツィヒ(現ポーランド領グダニスク)で生まれた。
父はドイツ人の食料品店主、母は西スラヴ系少数民族のカシューブ人。
当時、ヴェルサイユ条約によりドイツから切り離され、国際連盟の保護下に形式上独立国だったダンツィヒ自由市で、ドイツとポーランドをはじめとする様々な民族の間で育ったことが、その後のグラスの作品に大きく影響することになった。
15歳で労働奉仕団・空軍補助兵を務め、17歳で武装親衛隊に入隊した後、敗戦を迎え、米軍捕虜収容所で半年間の捕虜生活を送る。
その後、デュッセルドルフで彫刻家・石工として生計をたてながら美術学校に通い、詩や戯曲なども書く。
1958年には朗読による作家・批評家同士の作品発表の場「47年グループ」で才能を認められ、1959年発表の長編小説『ブリキの太鼓』で一躍有名作家となった。

  • 題名
    Die Blechtrommel
    歌手
    GuenterGrass
    発売元
    Dgg
    演奏時間
    発売日
    2005年2月14日
    新品価格
    ¥ 1,106
    中古商品
    ¥ 313 より

ドイツの作家。1927年、ダンチヒ(現ポーランド領グダニスク)生まれ。第2次世界大戦後、米軍の捕虜として収容所で過ごしたのち、詩や戯曲の創作活動を開始する。59年、ダンチヒを舞台に、3歳で成長が止まった少年の視点でナチスの時代を風刺的に描いた長編小説『ブリキの太鼓』を発表。のちに映画化もされたこの作品は、同じくダンチヒを舞台にした『猫と鼠』『犬の年』と共に「ダンチヒ三部作」と呼ばれ、高い評価を受けた。99年、ノーベル文学賞を受賞。2006年に自伝的作品『玉ねぎの皮をむきながら』の中で、かつてナチス親衛隊(SS)に所属していたことを告白し、物議を醸した。15年4月13日死去。享年87。 (2015-4-15) (引用元 コトバンク)