芸能人・経営者のおくやみ情報

田辺聖子 氏(たなべせいこ)

作家[日本]

2019年 6月6日 死去享年92歳

 - ウィキペディアより引用

田辺 聖子 (たなべ せいこ、1928年3月27日 - )は日本の小説家。
大阪府大阪市生まれ。
淀之水高等女学校を経て樟蔭女子専門学校(現大阪樟蔭女子大学)国文科卒。
恋愛小説などを中心に活動し、第50回芥川龍之介賞など数多くの文学賞を授与されている。
文化勲章受章者。
1928年3月27日、大阪府大阪市に生まれる。
父方は広島県福山市の出身で祖父の代から写真館を経営していた。
大阪市内に生まれ、大阪の風俗文化に深く親しみながら育った事は後の作風に大きく影響を与えている。
因みに北摂の新興都市については風俗文化が乏しいと評している。
幼少時は古典文学に親しみ、多くの少女小説を愛読した。
戦時中は愛国心にあふれた軍国少女としての時代を過ごし、戦争で死ぬことを本望としていた。
1943年『少女の友』の作文欄で川端康成の選により掲載された「さら」が最初の活字作品。
敗戦後ではその反動と喪失感から複雑な思いを抱く中、古典文学の世界に癒しを見出した。
大阪の金物問屋に就職で勤める傍ら文芸同人の『文芸首都』『大阪文学』に参加、『花狩』がラジオドラマに採用され放送作家となった時期もある。

関連作品