芸能人・経営者のおくやみ情報

山崎紫紅(やまざきしこう)

作家[日本]

1939年 12月25日 死去享年65歳

山崎 紫紅(やまざき しこう、1875年(明治8年)3月3日 - 1939年(昭和14年)12月25日)は、明治から大正にかけて活躍した劇作家、歌舞伎作者。
横浜市生まれ。
本名は山崎 小三(やまざき しょうぞう)。
横浜市会議員、神奈川県議会議員、同県議会議長なども務めた。
明治38年(1905年)、処女戯曲『上杉謙信』が伊井蓉峰によって上演される。
その後は史劇を多く書き、明治40年(1907年)『歌舞伎物語』などは二代目市川左團次によって何度も上演された。
関東大震災後は劇作から遠ざかり、政界や財界で活躍したが、昭和12年(1937年)舞踊劇『春日竜神』を書いている。
主な作品に『七つ桔梗』『その夜の石田』『信玄最後』『乱れ笹』『明智光秀』『松一木』『恋の洞』『三七信孝』『当流鉢木』『破戒曽我』などがある。
雑誌『三田文学』創刊号(1910年5月)にも名を連ねた。
創刊号の執筆者は紫紅のほか、森鴎外、野口米次郎、木下杢太郎、三木露風、馬場孤蝶、永井荷風、黒田湖山、深川夜烏など。
鴎外と親交があったとされる。
『三田文学』は鴎外、上田敏らを顧問に、荷風を編集主幹に招いて創刊された。
背景には慶應義塾大学文学科の刷新があった。
自然主義文学の牙城だった『早稲田文学』への対抗意識もあったようである。
横浜市保土ヶ谷区にある樹源寺に墓がある。

関連作品

  • タイトル
    上杉謙信
    種別
    Kindle版
    著者
    出版社
    現代いろは出版
    ページ数
    発売日
    新品価格
    ¥1,600
    中古商品