芸能人・経営者のおくやみ情報

木下杢太郎(きのしたもくたろう)

詩人、劇作家[日本]

1945年 10月15日 死去胃がん享年61歳

木下杢太郎 - ウィキペディアより引用

木下 杢太郎(きのした もくたろう、1885年(明治18年)8月1日 - 1945年(昭和20年)10月15日。
本名:太田正雄)は、静岡県出身の詩人、劇作家、翻訳家、美術史・切支丹史研究家。
東京帝国大学の医学部で学ぶ傍ら「パンの会」を興し、これと前後して『明星』『中央公論』『スバル』『白樺』で、詩のほか短歌・戯曲・小説などを発表。
作風は南蛮情緒的、切支丹趣味、耽美享楽的などと評された。
のち、自費によるヨーロッパ留学を経て愛知医科大学、東北帝国大学、東京帝国大学の医学部教授を歴任し、傍らで文明批評や随筆紀行を著述した。
筆名はほかに、堀花村(ほりかそん)、地下一尺生、葱南(そうなん)、北村清六などがある。
作品には詩集『食後の唄』(1919年)など。
本名の太田正雄としては医学博士としての顔を持ち、母斑症やハンセン病の治療および研究などで輝かしい業績を残した。

推定関連画像

木下杢太郎が亡くなってから、78年と283日が経過しました。(28773日)