芸能人・経営者のおくやみ情報

江波杏子 氏(えなみきょうこ)

女優[日本]

2018年 10月27日 死去肺気腫の急性増悪享年77歳

江波杏子 - 女優

江波 杏子(えなみ きょうこ、1942年10月15日 - )は、日本の女優。
本名、野平 香純(のひら かすみ)。
東京都渋谷区千駄ヶ谷出身。
アルファエージェンシー所属。
天秤座。
来歴・人物 曾祖父は、最後に沖田総司を匿った植木職人の柴田平五郎。
母・江波和子は戦前に東宝で活躍した映画女優。
子供の頃はシャイで自意識が強く、本ばかり読んでいた子だったという。
小学生の頃にキャロル・リード監督の『落ちた偶像』を観たのがきっかけで、本人曰く「現実逃避的に」女優になろうと思ったことや、また幼い頃に亡くなった母の仕事を継ぎたい一心で中学生の頃から女優を志し、1959年に大映に入社。
ニューフェイスのオーディション時、まだ16歳の宝仙学園高等学校在学中の高校生だった彼女は年齢を1歳上にサバを読み、母親が女優だったことは言わなかった。
1960年、『明日から大人だ』でデビュー。
芸名は、母親のかつての芸名と、室生犀星の新聞連載小説『杏っ子』に由来する。
当初はデパート・ガールや令嬢役が多かった。
長く助演が続いたものの、負傷した若尾文子に代わり主演した1966年の『女の賭場』が出演本数58本目にして初の主役となる。

関連作品