芸能人・経営者のおくやみ情報

萬屋錦之介 氏(よろずやきんのすけ)

俳優歌舞伎役者[日本]

1997年 3月10日 死去肺炎享年66歳

萬屋錦之介 - ウィキペディアより引用

萬屋 錦之介(よろずや きんのすけ、1932年(昭和7年)11月20日 - 1997年(平成9年)3月10日)は、歌舞伎役者、日本の時代劇・俳優。
前名は中村 錦之助(なかむら きんのすけ)。
歌舞伎界から映画界に転じ、当時を代表するスターとなり、その後はテレビや舞台でも活躍した。
身長162cm。
中村錦之助時代の屋号は播磨屋、定紋は揚羽蝶で、萬屋錦之介と改名してからの屋号は萬屋、定紋は桐蝶。
愛称は錦ちゃん(きんちゃん)。
中村プロダクション代表(1968年 - 1982年)。
東映俳優クラブ組合委員長(1965年の約3か月間)。
本名は小川 錦一(おがわ きんいち)。
小川 衿一郎(おがわ きんいちろう)に改名していた時期もある。
概要[編集] 『サンケイグラフ』1955年4月10日号より 満4歳になる直前に、歌舞伎の初舞台を踏み、以降39歳まで中村錦之助を名乗り、1971年10月に小川家一門が屋号を播磨屋から「萬屋」に代えた1年後の1972年11月、40歳を迎えた時に芸名を萬屋錦之介に改めた。
父は三代目中村時蔵。
伯父に初代中村吉右衛門、叔父に十七代目中村勘三郎がいる。
俳優の中村嘉葎雄は弟で、五代目中村歌六、三代目中村又五郎、五代目中村時蔵、二代目中村錦之助、二代目中村獅童はそれぞれ甥にあたる。
母・ひなは、売れっ子だった赤坂芸者。
妻はいずれも女優の有馬稲子(初婚)、淡路恵子(再婚)、甲にしき(再々婚)。
長男で俳優の島英津夫と、芸能人ではない次男は淡 ……

推定関連画像

萬屋錦之介さんが亡くなってから、27年と137日が経ちました。(9999日)