芸能人・経営者のおくやみ情報

東千代之介 氏(あずまちよのすけ)

俳優、日本舞踊若菜流家元[日本]

2000年 11月9日 死去慢性腎不全享年75歳

 - ウィキペディアより引用

東 千代之介(あずま ちよのすけ、1926年8月19日 - 2000年11月9日)は、日本の俳優・日本舞踊若菜流の家元。
本名、若和田 孝之(わかわだ たかゆき)。
東京府出身。
長唄の六代目杵屋弥三郎の子。
七代目坂東三津五郎に師事して日本舞踊を学ぶ。
暁星学園を経て東京藝術大学卒業。
昭和29年(1954年)に東映に入社し、『雪之丞変化』でデビュー。
端整な容貌と日本舞踊で鍛えたしなやかな身のこなしで人気を集め、中村錦之助、大川橋蔵らと共に東映時代劇の黄金期を支えたが、時代劇衰退に伴い東映が任侠路線に移行すると1965年に退社した。
その後は日本舞踊の家元としての活動が中心となり、多くの弟子を育てた。
1965年11月30日、宝塚歌劇団出身の女優・千之赫子(ちの かくこ)とお見合い結婚。
1966年、映画「男の顔は切り札」で赫子と共演。
1968年、長男(俳優若菜孝史)を儲ける。
その後、長女も儲けたが、1985年に赫子と死別。
1987年再婚。
1991年、次男誕生。
テレビ番組では『クイズ面白ゼミナール』に「東千代之介チーム」リーダーとして準レギュラー出演。

関連作品