芸能人・経営者のおくやみ情報

多々良純 氏(たたらじゅん)

俳優[日本]

2006年 9月30日 死去肺機能不全享年90歳

多々良純 - ウィキペディアより引用

多々良 純(たたら じゅん、1917年8月4日 - 2006年9月30日)は、日本の俳優。
本名は田足井 重二(たたらい しげじ)。
新築地劇団研究生、苦楽座、劇団民藝など舞台俳優として活動後、数多くの映画・テレビドラマに出演。
頑固ながら根は優しい役などに定評があり、軽妙な役もこなせる貴重なバイプレーヤーとして活躍した。
趣味は園芸・料理・釣り。
自ら編み出した催眠体操の普及にも努め、『ストレスに勝つ 多々良純の催眠体操』などの著書がある。
来歴・人物 1917年(大正6年)8月4日、宮城県牡鹿郡石巻町(現在の石巻市)に、父・重一と母・利の次男として生まれる。
幼少時代は家業の都合で石巻、仙台、東京と居を移す。
西巣鴨第二小学校を経て、1935年(昭和10年)に東京府立第九中学校を卒業後、東京YMCA国際ホテル専門学校に入学し、5ヶ月で中退、帝国ホテル食堂部に就職する。
1年ほど勤めた後、朝日新聞に載った新築地劇団研究生募集の広告を見て、子供の時からの夢だった役者の道を志す。
1936年(昭和11年)10月、新築地劇団に入所、同期に殿山泰司、千秋実、小山源喜らがいた。

俳優。 本名:田足井重二(たたらい しげじ) 誕生日:1917年(大正6年)8月4日 血液型:O型 出身地:宮城県 東京府立第九中学卒 芸歴:新築地劇団、苦楽座?、劇団民藝(劇団民芸) 三枚目役から悪役まで幅広い脇役で活躍した。戦前に舞台デビューし、広島で被爆した「さくら隊」の前身である「苦楽座」に参加。劇団民芸の創立メンバーで「炎の人ゴッホ?」などに出演。 1936年、「女人哀詞?」で初舞台。1940年、「彦六なぐらる?」で映画デビュー。 1956年、第7回ブルーリボン助演男優賞受賞。対象作品は「台風騒動記?」「鶴八鶴次郎?」など。 2006年(平成18年)9月30日、肺機能不全?のため死去。89歳。 (引用元 Hatena Keyword)