芸能人・経営者のおくやみ情報

エフィム・プチャーチンJevfimij Vasil'jevich Putjatin

海軍元帥[ロシア]

1883年 10月28日 死去享年81歳

エフィム・プチャーチン - ウィキペディアより引用

エフィーミー(エフィーム)・ヴァシーリエヴィチ・プチャーチン(ロシア語: Евфимий(Ефим) Васильевич Путятин, ラテン文字転写: Jevfimij Vasil'jevich Putjatin、1803年11月8日(グレゴリオ暦11月20日) - 1883年10月16日(グレゴリオ暦10月28日))は、ロシア帝国(ロマノフ朝)の海軍軍人、政治家、教育大臣(在任期間:1861年6月26日 – 1861年12月25日)。
1853年に日本の長崎に来航。
その後1855年には、日本と日露和親条約を締結するなど、ロシア帝国の極東における外交で活躍した。

関連作品

エフィム・プチャーチンが亡くなってから、140年と167日が経過しました。(51302日)

「エフィム・プチャーチン」と関連する故人