芸能人・経営者のおくやみ情報

陸奥宗光(むつむねみつ)

武士、海援隊士、政治家、外相[日本]

1897年 8月24日 死去肺結核享年54歳

陸奥宗光 - ウィキペディアより引用

陸奥 宗光(むつ むねみつ、天保15年7月7日〈1844年8月20日〉- 明治30年〈1897年〉8月24日)は、日本の幕末の武士。
明治期の外交官、政治家。
江戸時代までの通称は陽之助(ようのすけ)。
家紋は仙台牡丹。
位階勲等爵位は正二位勲一等伯爵。
「カミソリ大臣」とも呼ばれた。
版籍奉還、廃藩置県、徴兵令、地租改正に多大な影響を与え、第2次伊藤内閣の外務大臣として領事裁判権の撤廃に成功した。

関連作品

陸奥宗光が亡くなってから、126年と108日が経過しました。(46130日)