芸能人・経営者のおくやみ情報

松方正義(まつかたまさよし)

薩摩藩士政治家、大蔵卿、内閣総理大臣、公爵[日本]

1924年 7月2日 死去呼吸不全享年90歳

 - ウィキペディアより引用

松方 正義(まつかた まさよし、1835年3月23日〈天保6年2月25日〉- 1924年〈大正13年〉7月2日)は、日本の武士(薩摩藩士)、政治家。
位階勲等爵位は贈従一位大勲位公爵。
幼名は金次郎。
通称は助左衛門。
号は海東。
明治期の日本において内閣総理大臣を2度(第4・6代)務めるとともに大蔵卿、大蔵大臣(初・3・5・8代)を長期間務めて日本銀行を設立したり、金本位制を確立するなど、財政通として財政面で業績を残した。
また、晩年は元老、内大臣として政局に関与し影響力を行使した。
独逸学協会名誉会員。
日本赤十字社社長。

関連作品