芸能人・経営者のおくやみ情報

松方三郎(まつかたさぶろう)

登山家ジャーナリスト[日本]

1973年 9月15日 死去享年75歳

松方 三郎(まつかた さぶろう、1899年(明治32年)8月1日 - 1973年(昭和48年)9月15日)は、日本の登山家、ジャーナリスト、実業家。
ボーイスカウト日本連盟第6代総長。
共同通信社専務理事、東京ロータリークラブ会長。
従三位勲一等。
松方家第3代当主。
本名は義三郎。
筆名として「後藤信夫」(G.N.) など。
日本の登山界の草分けの一人で、キスリング・ザックを日本に紹介し、その名称を定着させた人物でもある。
父は明治の元勲で第4代、第6代内閣総理大臣の松方正義。
兄は川崎造船所(現川崎重工)、川崎汽船、国際汽船などの社長を務めた松方幸次郎(幸次郎は三男、義三郎は十五男の末子である)。

関連作品

松方三郎が亡くなってから、48年と14日が経過しました。(17546日)