芸能人・経営者のおくやみ情報

秩父宮雍仁親王(ちちぶのみややすひとしんのう)

皇族[日本]

(大正天皇の第二皇男子)

1953年 1月4日 死去享年52歳

 - ウィキペディアより引用

秩父宮雍仁親王(ちちぶのみや やすひとしんのう、1902年〈明治35年〉6月25日 - 1953年〈昭和28年〉1月4日)は、日本の皇族。
大正天皇と貞明皇后の第2皇男子。
昭和天皇は兄、第125代天皇明仁は甥、第126代天皇徳仁と秋篠宮文仁親王は大甥にあたる。
妃は勢津子(旧会津藩主・松平容保の四男で外交官を務めた松平恆雄の長女)。
御称号は淳宮(あつのみや)。
身位は親王。
お印は若松(わかまつ)。
日本陸軍の軍人でもあり、階級は少将。
勲等功級は大勲位功三級。
勢津子妃との間に子女はない。

関連作品