芸能人・経営者のおくやみ情報

高円宮憲仁親王 氏

皇族[日本]

2002年 11月21日 死去心不全享年49歳

 - ウィキペディアより引用

高円宮 憲仁親王(たかまどのみや のりひとしんのう、1954年〈昭和29年〉12月29日 - 2002年〈平成14年〉11月21日)は、日本の皇族。
高円宮家初代当主。
身位は親王。
お印は柊(ひいらぎ)。
勲等は大勲位。
学位は法学士(学習院大学)。
三笠宮崇仁親王と同妃百合子の第三男子(3男2女のうち第5子)。
明仁(上皇)は従兄、徳仁(第126代天皇)は従甥にあたる。
兄に寬仁親王、桂宮宜仁親王、姉に近衞甯子、千容子がいる。
高円宮の宮号は昭和天皇から賜ったものである。
父宮の三笠宮の宮号の由来となった奈良県奈良市の三笠山付近にある高円山から採られた。
なお、諱である憲仁は高倉天皇と字面・読みともに同じである。

関連作品