芸能人・経営者のおくやみ情報

大山康晴 氏(おおやまやすはる)

将棋棋士、十五世名人[日本]

1992年 7月26日 死去肝臓がん享年70歳

大山康晴 - ウィキペディアより引用

大山 康晴(おおやま やすはる、1923年(大正12年)3月13日 - 1992年(平成4年)7月26日)は、将棋棋士。
十五世名人。
棋士番号26。
木見金治郎九段門下。
主な記録としては、公式タイトル獲得80期(歴代2位)、一般棋戦優勝44回(歴代2位)、通算1433勝(歴代2位)等がある。
永世名人・永世十段・永世王位・永世棋聖・永世王将の5つの永世称号を保持。
順位戦A級に在籍しながら、1976年(昭和51年)12月から1989年(平成元年)5月まで日本将棋連盟会長を務めた。
弟子には有吉道夫、中田功、行方尚史などがいる。
1990年(平成2年)には将棋界から初めて文化功労者に選ばれた。
正四位勲二等瑞宝章。
岡山県倉敷市出身で、倉敷市および青森県上北郡おいらせ町の名誉市民・名誉町民。

推定関連画像

大山康晴さんが亡くなってから、31年と364日が経ちました。(11687日)