芸能人・経営者のおくやみ情報

光格天皇(こうかくてんのう)

第119代天皇[日本]

(天保11年11月18日崩御)

1840年 12月11日 死去享年69歳

光格天皇 - ウィキペディアより引用

光格天皇(こうかくてんのう、1771年9月23日〈明和8年8月15日〉 - 1840年12月11日〈天保11年11月18日〉)は、日本の第119代天皇(在位: 1780年1月1日〈安永8年11月25日〉 - 1817年5月7日〈文化14年3月22日〉)。
御称号は祐宮(さちのみや)。
諱は師仁(もろひと)、のち兼仁(ともひと)。
父は閑院宮典仁親王(東山天皇の皇孫)。
母は大江磐代(鳥取藩倉吉出身の医師岩室宗賢の娘)。
東山天皇は曽祖父、桃園天皇(先代、後桃園天皇の父)と後桜町天皇(先代、後桃園天皇の伯母)は再従姉弟にあたる。
践祚前の安永8年11月8日(1779年12月15日)に危篤の後桃園天皇の養子となり、儲君に治定される(実際には天皇は前月中既に崩御しており、空位を避けるために公表されていなかった)。
光格天皇の兄弟には閑院宮美仁親王や真仁法親王がいる。
一世一元の詔発布(一世一元の制導入)以前に譲位した最後の天皇であり、以降、平成31年(2019年)4月30日に第125代天皇明仁が譲位するまでの202年間、天皇が譲位する例はなかった。

関連作品

光格天皇が亡くなってから、183年と160日が経過しました。(67001日)