芸能人・経営者のおくやみ情報

中御門天皇(なかみかどてんのう)

第114代天皇[日本]

(元文2年4月11日崩御)

1737年 5月10日 死去享年35歳

中御門天皇 - ウィキペディアより引用

中御門天皇(なかみかどてんのう、 1702年1月14日〈元禄14年12月17日〉 - 1737年5月10日〈元文2年4月11日〉)は、日本の第114代天皇(在位: 1709年7月27日〈宝永6年6月21日〉- 1735年4月13日〈享保20年3月21日〉)。
諱は慶仁(やすひと)。
幼名は長宮(ますのみや)。
東山天皇の第五皇子。
母は内大臣櫛笥隆賀の女で東山典侍・櫛笥賀子(新崇賢門院)。
追号の「中御門」は、平安京大内裏の門の一つである待賢門の別称に因む(ただし、中御門天皇が誕生した1702年時点で、待賢門を含めて平安京大内裏は既に荒廃している)。

中御門天皇が亡くなってから、286年と285日が経過しました。(104747日)