芸能人・経営者のおくやみ情報

公暁(こうきょう)

源頼家の子[日本]

(源実朝を暗殺、建保7年1月27日没)

(ユリウス暦) 1219年 2月13日 死去討死享年20歳

 - ウィキペディアより引用

公暁(くぎょう、こうきょう、正治2年(1200年) - 建保7年1月27日(1219年2月13日))は、鎌倉時代前期の僧侶。
鎌倉幕府2代将軍源頼家の次男(『尊卑分脈』など)または三男(『鶴岡八幡宮寺社務職次第』など)。
母は『吾妻鏡』によれば足助重長(加茂重長)の娘(源為朝の孫娘)、おなじく『尊卑分脈』などによれば一幡の母と同じく比企能員の娘、ある源氏系図(縣篤岐本『源氏系図』)によれば三浦義澄の娘。
一幡とは異母兄弟または同母兄弟、栄実、禅暁は異母弟、竹御所は異母妹にあたる。
幼名は善哉(ぜんざい)。
叔父である第3代将軍源実朝を「父の仇」として暗殺したが、自身も直後に討ち取られた(なお、公暁は実朝の猶子であったため、義理の父親を殺害したことになる)。
名前の読みは「くぎょう」とされてきたが、近年は「こうきょう」である可能性が高いとされている。

関連作品