芸能人・経営者のおくやみ情報

霊元天皇(れいげんてんのう)

第112代天皇[日本]

(享保17年8月6日崩御)

1732年 9月24日 死去享年78歳

霊元天皇 - ウィキペディアより引用

霊元天皇(れいげんてんのう、1654年7月9日〈承応3年5月25日〉- 1732年9月24日〈享保17年8月6日〉)は、日本の第112代天皇(在位: 1663年3月5日〈寛文3年1月26日〉- 1687年5月2日〈貞享4年3月21日〉)。
諱は識仁(さとひと)。
称号は高貴宮(あてのみや)。
旧皇族11宮家全ての最近共通祖先である伏見宮邦家親王は来孫にあたる。
「現在の皇室」(うち今上天皇・明仁上皇及び生まれながらの皇族)と、1947年(昭和22年)に臣籍降下(いわゆる皇籍離脱)した「伏見宮系皇族及びその男系子孫」の、女系での最も近い共通祖先である。
後水尾天皇の第十九皇子。
母は内大臣園基音の女で後水尾典侍の藤原国子(新広義門院)。
養母は父帝の中宮徳川和子(東福門院)。
譲位後の期間が長いため、仙洞様(せんとうさま)とよばれることが多い。
歌人・能書家でもある。
絵を能くし、作品が複数現存している。

関連作品

霊元天皇が亡くなってから、291年と199日が経過しました。(106487日)