芸能人・経営者のおくやみ情報

北条時宗(ほうじょうときむね)

武将、鎌倉幕府第8代執権[日本]

(二度にわたる元寇を退ける、弘安7年4月4日没)

(ユリウス暦) 1284年 4月20日 死去享年34歳

 - ウィキペディアより引用

北条 時宗(ほうじょう ときむね)は、鎌倉時代中期の鎌倉幕府第8代執権(在職1268年-1284年)。
鎌倉幕府執権職を世襲する北条氏の嫡流得宗家に生まれ、世界帝国であったモンゴル帝国(フビライ)の圧力が高まるなかで執権に就任。
内政にあっては得宗権力の強化を図る一方、モンゴル帝国(大元朝)の2度にわたる侵攻を退け(元寇)、日本の国難を救った英雄と評される。
官位は、正五位下相模守。
贈従一位。

関連作品