芸能人・経営者のおくやみ情報

小川未明(おがわみめい)

作家[日本]

1961年 5月11日 死去享年80歳

 - ウィキペディアより引用

小川 未明(おがわ みめい、1882年(明治15年)4月7日 - 1961年(昭和36年)5月11日)は、小説家・児童文学作家。
本名は小川 健作(おがわ けんさく)。
「日本のアンデルセン」「日本児童文学の父」と呼ばれ、浜田広介と坪田譲治と並んで「児童文学界の三種の神器」と評された。
娘の岡上鈴江も児童文学者。
「未明」という雅号は小川の師である坪内逍遥が付けたもので、正しくは「びめい」と読む。

関連作品

小川未明が亡くなってから、60年と203日が経過しました。(22118日)