芸能人・経営者のおくやみ情報

江上波夫 氏(えがみなみお)

考古学者[日本]

2002年 11月11日 死去享年97歳

江上 波夫(えがみ なみお、1906年11月6日 - 2002年11月11日)は日本の考古学者。
東京大学名誉教授。
山口県出身。
騎馬民族征服王朝説などを発表。
1948年に「日本民族=文化の源流と日本国家の形成」と題するシンポジウムで発表された。
その要旨は、「日本における統一国家の出現と大和朝廷の創始が、東北アジアの夫余系騎馬民族の辰王朝によって、4世紀末ないし5世紀前半ごろに達成された」と推論している(『騎馬民族国家』江上波夫、中公新書)。
東京府立五中を経て、旧制浦和高卒業 1930年(昭和 5年)東京帝国大学文学部東洋史学科卒業 1931年(昭和 6年)東方文化学院研究員 1935年から1941年まで内モンゴル・オロンスム遺跡で調査し、ネストリウス派とカトリックの教会等の跡を確認、また仏教などに関する文書を発見した。

えがみなみお [生]1906.11.6.山口[没]2002.11.11.神奈川東洋史学者,考古学者。1930年東京帝国大学東洋史学科を卒業と同時に東亜考古学会の留学生となって北京に渡り,水野清一らとともに長城地帯をはじめ各地の調査研究を行なった。1931年東方文化学院(のちの東京大学東洋文化研究所)研究員,1948年東京大学教授。この間も内モンゴルへの踏査旅行をするなどして,騎馬民族諸集団の実態に関する研究を深め,『蒙古高原横断記』(1937),『蒙古高原──錫林郭爾,烏蘭察布に於ける地質・古生物,人類の調査』(1943),『ユウラシア古代北方文化』(1948)などの著作を発表した。さらに1948年には,日本人および国家の形成を世界史的な観点からとらえ直そうという騎馬民族征服説の構想を打ち出し,その後10年余をかけて1964年『日本における民族の形成と国家の起源』にまとめた。1967年の退官後は札幌大学教授,上智大学教授,古代オリエント博物館館長,日本考古学協会会長,さらに1972年市民との連合による「東アジアの古代文化を考える会」会長などを歴任。一般の日本人に固定観念にとらわれない歴史観を提供することに努め,『騎馬民族国家』を発表したほか,幻人の筆名で詩集『幻人詩抄』(1975)も上梓している。生化学者江上不二夫は実弟。1983年文化功労者。1991年文化勲章を受章。1992年モンゴル政府より北極星勲章を授与される。 (引用元 コトバンク)