芸能人・経営者のおくやみ情報

山本達郎 氏(やまもとたつろう)

歴史学者・東洋史[日本]

(元号「平成」の名付け親)

2001年 1月24日 死去享年92歳

山本 達郎(やまもと たつろう、1910年(明治43年)6月16日 - 2001年(平成13年)1月24日)は東洋史学者。
東京大学名誉教授。
元号『平成』の名付け親である。
生涯 東京生まれ。
父は貴族院議員・参議院議員の松村真一郎。
日銀総裁などを歴任した祖父の山本達雄男爵の養子となる。
東京帝国大学卒、東方文化学院研究員を務め、1944年(昭和19年)東京帝国大学助教授、1949年(昭和24年)東大文学部東洋史学科教授(南方史講座)、1971年(昭和46年)定年退官まで長く学科主任を務め、退官後は国際基督教大学教授。
1975年(昭和50年)国際哲学人文科学協議会会長。
専攻は東南アジア史・インド史。
南方史研究会(東南アジア史学会(現東南アジア学会)の母体のひとつ)を組織した。
1967年(昭和42年)日本学士院会員。
1986年(昭和61年)文化功労者顕彰。
1998年(平成10年)文化勲章受章。
2001年(平成13年)心不全により死去。
山本は1989年の昭和天皇崩御に伴う改元において、新しい元号に「平成」を提案したことでも知られる。

関連作品

「山本達郎」と関連する故人