芸能人・経営者のおくやみ情報

立原道造(たちはらみちぞう)

詩人[日本]

1939年 3月29日 死去結核享年26歳

立原道造 - ウィキペディアより引用

立原 道造(たちはら みちぞう、1914年(大正3年)7月30日 - 1939年(昭和14年)3月29日)は、昭和初期に活動し24歳で急逝した詩人。
また建築家としても足跡を残している。
父は立原貞次郎(婿養子)、母は立原登免(通称 光子)。
次男として生まれる。
先祖には立原翠軒、立原杏所などがいる。
学歴は東京帝国大学工学部建築学科卒業。
学位(当時は称号)は工学士(東京帝国大学)。
戒名は温恭院紫雲道範清信士。
墓は東京都谷中の多宝院。
賞歴は、辰野賞3年連続受賞、中原中也賞受賞。
生涯 1914年(大正3年)、立原貞次郎、とめ夫妻の長男として日本橋区橘町(現:中央区東日本橋)に生まれる。
家系は桓武平氏の一家系 常陸平氏 大掾氏の一門 鹿島氏の庶流 立原氏。
近い祖先には水戸藩の儒家で『大日本史』を編纂した立原翠軒、画家立原杏所がいるという。
1927年(昭和2年)、13歳の折、北原白秋を訪問するなど、既に詩作への造詣を持っていた。
同年、口語自由律短歌を『學友會誌』に発表、自選の歌集である『葛飾集』『両國閑吟集』、詩集『水晶簾』をまとめるなど13歳にして歌集を作り才能を発揮していた。

たちはらみちぞう [生]1914.7.30.東京[没]1939.3.29.東京詩人。第一高等学校在学中から堀辰雄に師事し,堀の主宰する『四季』同人となり,また堀の紹介で室生犀星に教えを乞うた。1937年東京大学建築科を卒業,建築事務所に勤務し,同年詩集『萱草に寄す』『暁と夕の詩』を出したが,肋膜炎のため夭折した。詩風は音楽的美感に貫かれた繊細な神経で青春の痛みをうたい,没後も第3詩集『優しき歌』(1947),初期作品集『詩人の出発』(61)などが発表された。 (引用元 コトバンク)