芸能人・経営者のおくやみ情報

百田宗治 氏(ももたそうじ)

児童文学者作詞家[日本]

1955年 12月12日 死去享年63歳

関連書籍

ミュージック

ももたそうじ [生]1893.1.25.大阪[没]1955.12.12.千葉詩人,児童文学者。本名,宗次。高等小学校以外学歴はなく,詩集『最初の一人』(1915),『一人と全体』(16)などや,詩話会機関誌『日本詩人』の編集(21~22)により,民衆詩派詩人として有名になった。その後清淡温和かつ主知的な詩風に移り,1926年詩誌『椎の木』を主宰創刊して,西脇順三郎,丸山薫,伊藤整,阪本越郎,滝口武士,春山行夫らの若手俊秀を育成した。代表詩集は『静かなる時』(25),『何もない庭』(27),『冬花帖』(28),『ぱいぷの中の家族』(31)など。32年頃から生活綴り方運動に呼応して『工程』を発行,児童自由詩の指導にあたるとともに,波多野完治,滑川(なめかわ)道夫,巽(たつみ)聖歌ら作文教育の指導者を育てた。 (引用元 コトバンク)

「百田宗治」と関連する人物(故人)