芸能人・経営者のおくやみ情報

嘉納治五郎(かのうじごろう)

柔道家[日本]

1938年 5月4日 死去肺炎享年79歳

 - ウィキペディアより引用

嘉納 治五郎(かのう じごろう、1860年12月10日(万延元年10月28日)- 1938年(昭和13年)5月4日)は、日本の柔道家・教育者である。
兵庫県出身。
講道館柔道の創始者であり、柔道・スポーツ・教育分野の発展や日本のオリンピック初参加に尽力するなど、明治から昭和にかけて日本に於けるスポーツの道を開いた。
「柔道の父」と呼ばれ、また「日本の体育の父」とも呼ばれる。
別表記加納 治五郎。

関連作品

嘉納治五郎が亡くなってから、84年と15日が経過しました。(30696日)