芸能人・経営者のおくやみ情報

斉藤仁 氏

柔道家[日本]

(五輪2連覇)

2015年 1月20日 死去肝内胆管がん享年55歳

 - ウィキペディアより引用

斉藤 仁 (さいとう ひとし、1961年1月2日 - 2015年1月20日)は、青森県青森市出身の日本の元柔道選手。
ロサンゼルスオリンピック、ソウルオリンピック柔道競技男子95kg超級金メダリスト。
国士舘大学体育学部教授、同大学柔道部監督、全日本代表監督を務めた。
段位は九段。
全日本柔道選手権大会における、山下泰裕9連覇の最後の3年間の決勝の対戦相手だった。
現役時代はライバルと称されたが、ソウルオリンピックでは「先輩行ってきます」「頼んだぞ」という逸話が残されており、現役時代から信頼関係はあった。
また、共に指導者としてさらに深い信頼を寄せる間柄となっていた。
1961年に青森市筒井八ッ橋(現、筒井2丁目)で生まれた。
1967年に青森市立筒井小学校へ入学。
1973年には青森市立筒井中学校へ入学して柔道部に所属。
3年の時には青森県中学校体育大会夏季大会重量級で優勝した。
1976年に筒井中学校を卒業して国士舘高等学校へ入学した。
高校2年夏のインターハイでは団体決勝戦で代表戦に出場。
快勝して、国士舘高を東京勢初の優勝校に導いた。

関連作品