芸能人・経営者のおくやみ情報

金栗四三 氏(かなくりしそう)

マラソン選手、陸上指導者[日本]

(日本人初のオリンピック選手として、1912年のストックホルム五輪に参加)

1983年 11月13日 死去享年93歳

 - ウィキペディアより引用

金栗 四三(かなくり しそう〈読みについては後述〉、1891年〈明治24年〉8月20日 - 1983年〈昭和58年〉11月13日)は、日本のマラソン選手、学校教員。
青壮年期にオリンピックのマラソン競走に日本代表選手として参加し、また裏方としても各マラソン大会や東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)の開催に尽力したり、日本に高地トレーニングを導入するなど、日本マラソン界の発展に大きく寄与したことから「日本マラソンの父」と称される。

関連作品