芸能人・経営者のおくやみ情報

中勘助 氏(なかかんすけ)

作家詩人[日本]

1965年 5月3日 死去脳出血享年81歳

中 勘助(なか かんすけ、1885年(明治18年)5月22日 - 1965年(昭和40年)5月3日)は東京出身の作家・詩人である。
来歴・人物 東京市神田区(現千代田区神田)東松下町(旧今尾藩主竹腰家邸内の家)で生まれた。
東京府立第四中学校(現在の東京都立戸山高等学校)を経て、第一高等学校から東京帝国大学文学部英文科まで続けて夏目漱石の講義を受ける。
国文科に転じて大学を卒業した後も、早稲田南町の漱石山房をしばしば訪問している。
しかし控えめな人柄から、漱石山脈の中では目立たない存在として通した。
文壇政治から常に距離を置き、特定の派閥にとらわれない孤高の文人だった。
また、野上弥生子の初恋の人としても知られている。
1913年から1914年にかけて、漱石の推薦で自伝的小説『銀の匙』を東京朝日新聞に連載。
素直な文章で愛されているが、『犬』『提婆達多』など、愛慾、妄執などを幻想的な作風で描いた作家でもある。
その陰には兄金一との確執があった。
金一は1910年に倒れて廃人となるが、勘助はその妻末子に愛情を寄せていた(末子は幕末長州の志士入江九一の弟野村靖の娘)。

  • 題名
    銀の匙
    著者
    中勘助
    発売元
    朝日出版社
    ページ数
    224ページ
    発売日
    2019-09-07
    新品価格
    ¥ 2,376
    中古商品
  • 題名
    銀の匙 (岩波文庫)
    著者
    中勘助
    発売元
    岩波書店
    ページ数
    227ページ
    発売日
    1999-05-17
    新品価格
    ¥ 648
    中古商品
    ¥ 1 より
  • 題名
    中勘助の恋
    著者
    富岡多恵子
    発売元
    創元社
    ページ数
    385ページ
    発売日
    1993-11
    新品価格
    中古商品
    ¥ 158 より
  • 題名
    中勘助全集(第7巻)―随筆・小品(4)
    著者
    中勘助
    発売元
    岩波書店
    ページ数
    411ページ
    発売日
    1990-02
    新品価格
    中古商品
    ¥ 310 より
  • 題名
    随筆・小品 7 (中勘助全集 10)
    著者
    中勘助
    発売元
    岩波書店
    ページ数
    445ページ
    発売日
    1990-05
    新品価格
    中古商品
    ¥ 387 より
  • 題名
    中勘助全集(第2巻)―小説(2)
    著者
    中勘助
    発売元
    岩波書店
    ページ数
    383ページ
    発売日
    1989-11
    新品価格
    中古商品
    ¥ 892 より
  • 題名
    中勘助詩集 (岩波文庫)
    著者
    発売元
    岩波書店
    ページ数
    186ページ
    発売日
    2003-08-19
    新品価格
    ¥ 540
    中古商品
    ¥ 2 より
  • 題名
    中勘助随筆集 (岩波文庫)
    著者
    中勘助
    発売元
    岩波書店
    ページ数
    262ページ
    発売日
    2002-07-09
    新品価格
    中古商品
    ¥ 49 より
  • 題名
    随筆・小品 6 (中勘助全集 9)
    著者
    中勘助
    発売元
    岩波書店
    ページ数
    448ページ
    発売日
    1990-04
    新品価格
    中古商品
    ¥ 49 より
  • 題名
    犬―他一篇 (岩波文庫)
    著者
    中勘助
    発売元
    岩波書店
    ページ数
    133ページ
    発売日
    1985-02-18
    新品価格
    ¥ 432
    中古商品
    ¥ 1 より

なかかんすけ [生]1885.5.22.東京[没]1965.5.3.東京小説家,詩人。第一高等学校を経て1909年東京大学国文学科卒業。夏目漱石に師事した。江戸の面影を伝える商人町に囲まれた士族屋敷に育ち,その体験を優雅繊細な文体で描いた清潔な長編自伝小説『銀の匙』(1913,15)で文壇に認められた。その後,仏教説話に取材した『提婆達多(でーばだった)』(21)などを書いたが,『犬』(22)以後は小説を離れ,『鳥の物語』(49)などの童話や『琅玕(ろうかん)』(35)ほかの詩作により愛と美の思想をうたう詩人として孤高の生涯をおくった。 (引用元 コトバンク)