芸能人・経営者のおくやみ情報

中勘助(なかかんすけ)

作家詩人[日本]

1965年 5月3日 死去脳出血享年81歳

中 勘助(なか かんすけ、1885年(明治18年)5月22日 - 1965年(昭和40年)5月3日)は、日本の小説家・詩人・随筆家。
明治末期から大正初頭にかけて執筆した小説『銀の匙』が、学生時代の恩師である夏目漱石の推挙を受けて「東京朝日新聞」に連載されたことで文壇に認められる。
漱石門下のひとりに位置づけられる一方で、文壇の潮流とは一線を画した文学活動を維持したことから「孤高の作家」と評される。

関連作品

  • タイトル
    島守
    種別
    Kindle版
    著者
    • 中勘助
    出版社
    ページ数
    発売日
    新品価格
    ¥0
    中古商品
  • タイトル
    折紙
    種別
    Kindle版
    著者
    • 中勘助
    出版社
    ページ数
    発売日
    新品価格
    ¥0
    中古商品

中勘助が亡くなってから、57年と22日が経過しました。(20841日)