芸能人・経営者のおくやみ情報

護良親王(もりよししんのう)

後醍醐天皇の皇子、天台座主[日本]

(建武2年7月23日没)

(ユリウス暦) 1335年 8月12日 死去暗殺

 - ウィキペディアより引用

護良親王(もりよししんのう / もりながしんのう)、延慶元年(1308年) - 建武2年7月23日(1335年8月12日)は、鎌倉時代後期から建武の新政期の人物。
後醍醐天皇の皇子、母は源師親の娘親子。
妃は北畠親房の娘。
また公家の藤原保藤の娘である南方(みなみのかた)。
興良親王の父。
大塔宮(だいとうのみや / おおとうのみや)と呼ばれた。
天台座主。
名前の読みが2種類あることについては、後醍醐天皇の皇子の名の読みを参照。
生涯 延慶元年(1308年)、後醍醐天皇(当時はまだ天皇ではない)の息子として生まれる。
6歳の頃、尊雲法親王として、天台宗三門跡の一つである梶井門跡三千院に入る。
大塔宮と呼ばれたのは、東山岡崎の法勝寺九重塔(大塔)周辺に門室を置いたとみられることからである。
正中2年(1325年)には門跡を継承し、門主となる。
後醍醐天皇の画策で、嘉暦2年(1327年)12月から元徳元年(1329年)2月までと同年12月から元徳2年(1330年)4月までの2度にわたり天台座主となる。

関連作品