芸能人・経営者のおくやみ情報

ゲオルク・オームGeorg Simon Ohm

物理学者[ドイツ]

1854年 7月6日 死去享年66歳

 - ウィキペディアより引用

ゲオルク・ジーモン・オーム(独: Georg Simon Ohm, 1789年3月16日 - 1854年7月6日)は、ドイツの物理学者。
高校教師として働いていたが、当時アレッサンドロ・ボルタが発明したボルタ電池について研究を行った。
独自に装置を製作し、導体にかかる電位差とそこに流れる電流には正比例の関係があるというオームの法則を発見した。
これにより、電圧と電流と電気抵抗の基本的な関係が定義され、電気回路解析という分野が本当の意味で始まった。

ゲオルク・オームが亡くなってから、167年と149日が経過しました。(61146日)