芸能人・経営者のおくやみ情報

河尻秀隆(かわじりひでたか)

戦国武将[日本]

(天正10年6月18日歿)

(ユリウス暦) 1582年 7月7日 死去享年56歳

 - ウィキペディアより引用

河尻 秀隆(かわじり ひでたか)は、戦国時代の武将。
織田氏の家臣。
黒母衣衆筆頭で、のちに織田信忠の補佐役及び、美濃岩村城主や甲斐府中城(甲府城)城主も務めた。
秀隆および河尻氏に関係する文書は少なく、事跡の多くは『信長公記』や『甲陽軍鑑』、徳川氏関係の記録に記されている。
生涯 織田信秀への出仕 秀隆の河尻氏は美濃出身の土豪の一族である。
醍醐源氏の一派である肥後河尻氏との関係は不明。
また、『信長公記』によると、織田大和守家(清洲織田氏)の家臣に河尻姓の人物(河尻与一)が見られるが、秀隆との関係は不明である。
秀隆は当初は織田信武(織田大和守)に仕えた。
後に織田信秀に仕えた。
天文11年(1542年)8月、16歳で信秀に従って第1次小豆坂の戦いに参加した。
天文17年(1548年)の第2次小豆坂の戦いに参加した。
黒母衣衆の筆頭 信秀没後は織田信長にも仕え、黒母衣衆の筆頭を務める。
永禄元年(1558年)、信長が弟の織田信勝(信行)を謀殺するために清洲城へ呼び寄せたときには、信勝の殺害を実行したとされる。

関連作品