芸能人・経営者のおくやみ情報

宇喜多秀家(うきたひでいえ)

戦国大名[日本]

(明暦元年11月20日没)

1655年 12月17日 死去享年84歳

 - ウィキペディアより引用

宇喜多 秀家(うきた ひでいえ)は、安土桃山時代の武将・大名。
宇喜多氏の当主。
通称は八郎、備前宰相。
父・直家の代に下克上で戦国大名となった宇喜多氏における、大名としての最後の当主である。
豊臣政権下(の末期)の五大老の一人で、家督を継いだ幼少時から終始、秀吉に重用されていた。
関ヶ原の戦いで西軍について敗れて所領を失うまで、備前岡山城主として備前・美作・備中半国・播磨3郡の57万4,000石を領していた。

関連作品

宇喜多秀家が亡くなってから、365年と354日が経過しました。(133670日)