芸能人・経営者のおくやみ情報

長宗我部元親(ちょうそかべもとちか)

戦国大名[日本]

(慶長4年5月19日没)

1599年 7月11日 死去享年61歳

 - ウィキペディアより引用

長宗我部 元親(ちょうそかべ もとちか)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての土佐国の戦国大名。
長宗我部氏第21代当主。
位階は従五位下で死後に正五位、昭和3年(1928年)には正三位が贈られた。
長宗我部国親の長男で、母は美濃斎藤氏の娘。
正室は石谷光政の娘で斎藤利三の異父妹。
土佐国の守護職を兼ねる細川京兆家当主で管領の細川晴元より、京兆家の通字である「元」の一字を受けたため、かつて同じく細川氏より「元」の字を受けた15代当主(長宗我部元親 (南北朝時代))と同名を名乗ることとなった。
土佐の国人から戦国大名に成長し、阿波・讃岐の三好氏、伊予の西園寺氏・河野氏らと戦い四国の覇者となる。
しかし、その後織田信長の手が差し迫り、信長の後継となった豊臣秀吉に敗れ土佐一国に減知となった。
豊臣政権時戸次川の戦いで最愛の息子・信親を亡くすと性格は荒れ、家中を混乱させたままこの世を去った。
生涯 家督相続 天文8年(1539年)、岡豊城で生まれる。
永禄3年(1560年)5月、父・国親が土佐郡朝倉城主の本山氏を攻めた長浜の戦いにおいて実弟の親貞と共に初陣する。

関連作品