芸能人・経営者のおくやみ情報

大谷吉継(おおたによしつぐ)

戦国武将[日本]

(慶長5年9月15日没)

1600年 10月21日 死去戦死

 - ウィキペディアより引用

大谷 吉継(おおたに よしつぐ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将、大名。
豊臣秀吉の家臣で、越前敦賀城主。
名前については「吉隆」ともされるが、現存する古文書で「吉隆」と署名する文書は確認できず、いずれも「吉継」である。
通称は紀之介、号は白頭。
官途は刑部少輔で、大谷刑部(おおたに ぎょうぶ)の通称でも知られる。
業病を患い、眼疾のために失明して関ヶ原の戦いでは輿に乗って軍の指揮を執ったが、小早川秀秋らの離反で敗戦すると家臣・湯浅隆貞の介錯で切腹して死去した。

関連作品

大谷吉継が亡くなってから、420年と363日が経過しました。(153768日)