芸能人・経営者のおくやみ情報

小早川秀秋(こばやかわひであき)

戦国大名[日本]

(慶長7年10月18日没)

1602年 12月1日 死去享年21歳

 - ウィキペディアより引用

小早川 秀秋(こばやかわ ひであき)は、安土桃山時代の大名。
丹波国亀山城主、筑前国名島城主を経て備前国岡山城主。
名は関ヶ原の戦いの後に秀詮(ひであき)と改名した。
豊臣秀吉の正室・高台院の甥。
秀吉の親族として豊臣家では重きをなし、小早川隆景と養子縁組した後には、関ヶ原の戦いで徳川家康の東軍に寝返り、豊臣家衰退の契機を作った。

関連作品