芸能人・経営者のおくやみ情報

今江祥智 氏(いまえよしとも)

児童文学作家[日本]

2015年 3月20日 死去肝臓がん享年84歳

今江 祥智(いまえ よしとも、1932年1月15日 - 2015年3月20日)は、日本の児童文学作家、翻訳家。
1999年に紫綬褒章を、2005年に旭日小綬章を受章している。
来歴・人物 今江駒吉とサキの三男として、大阪市南区島之内に生まれる。
父駒吉は、兄が経営する料亭「大市」(だいいち)の仕入れ部長役で、のちに大日本蚕毛株式会社を興し社長に就任したが、1937年、酔って頭部を負傷したことから自宅で療養するようになり、1941年6月、50歳の時に急性脳炎で死亡した。
1936年、渥美幼稚園に入園。
幼稚園で配られた「キンダーブック」により、初めて絵本と出会う。
1937年、塩町に転居。
以後、1945年までここで育つ。
1938年、渥美小学校に入学。
当時、名古屋に妻公認の愛人を持っていた駒吉が、妾宅から自宅に帰るときの照れ隠しとして講談社の絵本の新刊を全冊毎月買い揃えたため、『かちかち山』『桃太郎』から『岩見重太郎』『乃木大将』までを刷り込まれ、児童文学に対する素養を育まれる。

児童文学者。1932年1月15日、大阪に生まれる。2015年3月20日、死去。 同志社大学文学部英文科卒業。中学教師、児童図書編集者を経て1960年に『山のむこうは青い海だった』を出版。以来、児童文学の創作者・編集者・評論家・翻訳家として精力的に活動し数多くの著書がある。そのうち主な作品は「今江祥智の本(全37巻)」(理論社刊)に収録されている。日本の現代児童文学のパイオニアであり、育ての親である。 (引用元 Hatena Keyword)