芸能人・経営者のおくやみ情報

佐々木邦(ささきくに)

作家[日本]

1964年 9月22日 死去享年82歳

佐々木邦 - ウィキペディアより引用

佐々木 邦(ささき くに、1883年(明治16年)5月4日 - 1964年(昭和39年)9月22日) は、日本の作家・英文学者。
慶應義塾大学教授、明治学院大学教授を歴任。
弟・順三は立教大学総長。
生涯[編集] 静岡県駿東郡清水村(現清水町)生。
6歳のとき父(佐々木林蔵)の仕事(明治政府建築技師)で上京、青山学院中等部卒業後、慶應義塾大学予科より明治学院に進み卒業。
卒業後、釜山の商業学校教諭、第六高等学校(現岡山大学)教授、慶應義塾大学教授、明治学院高等学部講師(一時離職後、戦後明治学院大学教授として復職)を歴任、英語と英文学を教えた。
1936年、辰野九紫らとともにユーモア作家倶楽部を結成、1937年11月より機関誌「ユーモアクラブ」を創刊しユーモア文学の発展に尽力する。
国際マーク・トウェイン協会名誉会員。
1961年児童文化功労者。
1962年紫綬褒章。
81歳で心筋梗塞のために逝去。
墓所は小平霊園。
評価[編集] 日本のユーモア小説の先駆けにして第一人者。
学生時代より、夏目漱石、マーク・トウェイン、ジェローム・K・ジェローム等の欧米のユーモア作家に影響され、多数執筆。
その作風は、良識に裏打ちされたユーモアに富み、昭和初期のサラリーマン階級を舞台に、家庭的な笑いに焦点を当てている。
そのうち18作品は映画化されている。
1974年に講談社から15巻の佐々木邦全集が出版された。
會田雄次は彼を評して、「佐々木邦氏は、もし日本語 ……

関連作品

佐々木邦が亡くなってから、59年と303日が経過しました。(21853日)