芸能人・経営者のおくやみ情報

棟方志功(むなかたしこう)

画家 (版画家)[日本]

1975年 9月13日 死去享年73歳

 - ウィキペディアより引用

棟方 志功(むなかた しこう、1903年(明治36年)9月5日 - 1975年(昭和50年)9月13日)は、日本の板画家。
20世紀の美術を代表する世界的巨匠の一人。
青森県出身。
川上澄生の版画「初夏の風」を見た感激で、版画家になることを決意。
1942年(昭和17年)以降、彼は版画を「板画」と称し、木版の特徴を生かした作品を一貫して作り続けた。

関連作品

棟方志功が亡くなってから、46年と129日が経過しました。(16931日)