芸能人・経営者のおくやみ情報

大西瀧治郎(おおにしたきじろう)

海軍中将[日本]

1945年 8月16日 死去自決享年54歳

大西瀧治郎 - ウィキペディアより引用

大西 瀧治郎(おおにし たきじろう、明治24年(1891年)6月2日 - 昭和20年(1945年)8月16日)は、日本の海軍軍人。
海兵40期。
神風特別攻撃隊の創始者の一人。
終戦時に自決。
最終階級は海軍中将。
笹井醇一(海軍少佐、太平洋戦争のエース・パイロット)は甥(大西の妻・淑恵の姉である久栄の息子が笹井)。
生涯[編集] 若宮 (水上機母艦) 1891年6月2日、兵庫県氷上郡芦田村(現:丹波市青垣町)の小地主、父・大西亀吉と母・ウタの次男として生まれる。
旧制柏原中学校在学中、日本海海戦勝利の時期であり、中学の先輩から聞かされた広瀬武夫中佐を熱心に崇拝した。
1909年、海軍兵学校40期に20番の成績で入学し、兵学校では、名物の棒倒し競技で、同期の山口多聞と毎年大暴れして、抜群の棒倒し男と目された。
剣道は兵学校で最高の一級、柔道も最上位であった。
寄宿舎の寮長も務め、秩序を乱す者がいれば、その者を布団に簀巻きにして、2階の窓から下に落とすような荒事もやっていたので、大西には誰も手出しをすることがなくなり、喧嘩瀧兵衛ともあだ名されていた。
学業も優秀であり、1912年(明治45年)7月17日、150人中20番の成績で卒業した。
海軍兵学校卒業後、海軍少尉に任官。
1912年(明治45年)7月17日、「宗谷」乗り組み。
1913年(大正2年)5月1日、「筑波」乗り組み。
1914年(大正3年)5月27日、「河内」乗り組み。
1914年12月1日、海軍砲術学校普通科学生。
1915年 ……

推定関連画像

大西瀧治郎が亡くなってから、78年と343日が経過しました。(28833日)