芸能人・経営者のおくやみ情報

笹川良一 氏(ささがわりょういち)

右翼活動家、フィクサー、元衆議院議員、日本船舶振興会創設者会長[日本]

1995年 7月18日 死去急性心不全享年97歳

笹川良一 - ウィキペディアより引用

笹川 良一(ささかわ りょういち、1899年〈明治32年〉5月4日 - 1995年〈平成7年〉7月18日)は、大正・昭和時代の日本の右翼活動家、社会奉仕活動家。
大阪府三島郡豊川村小野原(のちの箕面市小野原)出身。
座右の銘は「世界一家 人類兄弟」。
戦前は国粋大衆党総裁、衆議院議員。
戦後は、財団法人日本船舶振興会(1962年設立。
のちの公益財団法人日本財団)会長、国際勝共連合名誉会長(1968年就任。
のちに辞任)、全日本カレー工業協同組合特別顧問、福岡工業大学理事長を務めた。
箕面市名誉市民。
勲一等旭日大綬章受章者。
妾との三男が笹川陽平である。
日本国内の競艇の創設に尽力し、「ドン」の異名を取った。
社会貢献活動に使われるべき競艇の売り上げをやはり自身が会長を務める団体等に寄付し、社会活動に使ったものの、それによって自身の影響力を保持するやり方が批判され、晩年は「金やプラチナ」を積んでいたとされるロシアの沈没船引き揚げを支援し、ソ連(現 ロシア)は自国の所有権を主張したものの、見つからずに成果は主砲のみであった。

関連作品

笹川良一さんが亡くなってから、28年と232日が経ちました。(10459日)