芸能人・経営者のおくやみ情報

ヘレン・ケラーHelen Adams Keller

教育家、社会福祉活動家[アメリカ]

1968年 6月1日 死去享年89歳

ヘレン・ケラー - ウィキペディアより引用

ヘレン・アダムズ・ケラー(Helen Adams Keller、1880年6月27日 - 1968年6月1日)は、アメリカ合衆国の作家、障害者権利の擁護者、政治活動家、講演家である。
アラバマ州タスカンビアに生まれ、生後19か月時に病気が原因で視力と聴力を失った。
その後はホームサインを使って主に意思疎通を行っていたが、7歳の時に初めての教師で生涯にわたる友となるアン・サリヴァンと出会った。
サリヴァンはケラーに言葉や読み書きを教えた。
盲学校と聾学校、そして普通学校で教育を受けた後、ケラーはハーバード大学のラドクリフ・カレッジに通い、バチェラー・オブ・アーツの学位を得た初めての盲ろう者となった。
ケラーは1924年から1968年までアメリカ盲人財団(AFP)に勤めた。
この間、ケラーはアメリカ合衆国各地で講演を行い、世界中の35か国へ旅して視覚障害者を支持した。
ケラーは多くの作品を残した作家でもあり、動物からマハトマ・ガンディーに至るまで幅広い題材に関する14冊の本と数百もの演説とエッセイを書いた。
ケラーは、障害を持つ人々や女性参政権、労働者の権利、世界平和のため運動を起こした。
1909年、アメリカ社会党に入党した。
ケラーはアメリカ自由人権協会の創立会員であった。
ケラーの1903年の自伝『わたしの生涯』により、彼女の受けた教育とサリヴァンとの人生が公となった。
自伝はウィリアム・ギブスンによって舞台劇『奇跡の人』に翻案され、さらに同題名 ……

推定関連画像

ヘレン・ケラーが亡くなってから、56年と53日が経過しました。(20507日)