芸能人・経営者のおくやみ情報

モーリス・ルブランMaurice Marie Émile Leblanc

推理小説作家[フランス]

1941年 11月6日 死去享年78歳

モーリス・ルブラン - ウィキペディアより引用

モーリス・マリー・エミール・ルブラン(フランス語: Maurice Marie Émile Leblanc, 1864年12月11日 - 1941年11月6日)は、フランスの小説家。
怪盗紳士「アルセーヌ・ルパン」の生みの親として知られる。
ルブランの「ルパン」は、しばしばイギリスの作家アーサー・コナン・ドイルの生んだ「シャーロック・ホームズ」と対比される。
生涯・人物 生い立ち フランス・ノルマンディーの地方都市ルーアンで生まれる。
分娩に立ち会ったのは、ルブラン家のかかりつけの医師で、フローベールの兄、アシル・フローベールであった(後にパリの文壇でモーリス・ルブランがこの事実を自慢することになる)。
地元のコルネイユ高等学校(Lycée Corneille, Lycée Pierre-Corneille)卒業。
数ヵ国で学び、ロースクールを落第後、フローベールやモーパッサンらに影響され小説家を志望する。
他に影響を受けた作家には、オノレ・ド・バルザック、ジェイムズ・フェニモア・クーパー、アルフレッド・アソラン、エミール・ガボリオ、そしてエドガー・アラン・ポーを挙げている。

MP3ダウンロード

Maurice Leblanc(1864年12月11日〜1941年11月6日) フランスを代表するミステリ作家。 1864年フランス、ルーアン市生まれ。当初モーパッサンらに影響され心理小説を書いたが、アルセーヌ・ルパンを主人公としたミステリ小説が大人気に。ルパンの名があまりに有名になったため、晩年ルブランは不満をもらしていたという。 (引用元 Hatena Keyword)