芸能人・経営者のおくやみ情報

八千草薫 氏(やちぐさかおる)

女優[日本]

2019年 10月24日 死去膵臓がん享年89歳

八千草薫 - ウィキペディアより引用

八千草 薫(やちぐさ かおる、1931年(昭和6年)1月6日 - )は、日本の女優。
所属事務所は柊企画。
大阪府出身。
プール女学院出身。
愛称はヒトミ、ヒトミちゃん(本名に由来)。
公称身長154cm。
人物・来歴 幼少時に父を亡くし、母一人・子一人で育つ。
思春期がちょうど戦時中であり、自宅も空襲で焼け、「色のある」「夢のある世界」に飢えていたことから華やかな世界にあこがれた。
プール女学院在学中に宝塚音楽学校に合格し、1947年に宝塚歌劇団入団(同期には淀かほる、百ちとせらがいる)。
宝塚入団時の成績は50人中19位。
入団当初は『分福茶釜』の狸などコミカルな役を当たり役としたが、1952年『源氏物語』の初演で可憐で無垢な若紫(紫の上の少女時代)を内・外面とも見事に表現し、絶大な評判と人気を博した。
以降は美貌・清純派の娘役として宝塚の一時代を風靡、同年から劇団内に新設された映画専科に所属した。
1951年の『虞美人』、1952年の『ジャワの踊り子』にも出演している。
宝塚在団中から東宝映画などの外部出演をこなしており、当時のお嫁さんにしたい有名人の統計で、たびたび首位に輝いた。

映像作品

関連書籍

ミュージック

やちぐさ-かおる 1931-昭和後期-平成時代の女優。昭和6年1月6日生まれ。映画監督・谷口千吉の妻。昭和22年宝塚歌劇団入団,娘役で活躍。26年「目下恋愛中」で映画本格デビュー,以来「宮本武蔵」,日伊合作映画「蝶々夫人」,「乱菊物語」などのヒロイン役で人気をあつめる。舞台,テレビでも活躍。平成21年「ガマの油」「ディア・ドクター」などの演技で報知映画賞助演女優賞,22年「ディア・ドクター」で毎日映画コンクール女優助演賞。27年名誉都民。大阪府出身。プール女学院中退。本名は谷口瞳。旧姓は松田。 (引用元 コトバンク)