芸能人・経営者のおくやみ情報

アガサ・クリスティAgatha Mary Clarissa Christie

推理小説作家[イギリス]

1976年 1月12日 死去享年87歳

アガサ・クリスティ - ウィキペディアより引用

アガサ・メアリ・クラリッサ・クリスティ(Dame Agatha Mary Clarissa Christie、DBE、旧姓:ミラー (Miller)、1890年9月15日 - 1976年1月12日)は、イギリスの推理作家。
66冊の探偵小説と14冊の短編集で知られ、発表された小説の多くは世界的なベストセラーとなり「ミステリーの女王」と呼ばれた。
特に架空の探偵エルキュール・ポアロと ミス・マープルを主人公とする小説で有名である。
1971年、大英勲章第2位 (DBE) に叙され「デイム・アガサ」となる。
英国推理作家のクラブであるディテクションクラブの第4代会長。
メアリ・ウェストマコット (Mary Westmacott) 名義の小説が6作品ある。
ユネスコのIndex Translationumによると、個人で最も翻訳されている作家の一人である。
小説『そして誰もいなくなった』は、約1億部を売り上げ、史上最も売れた本の一つである。
戯曲『ねずみとり』は、演劇史上最長のロングラン記録を持っている。
1952年11月25日にウエストエンドのアンバサダー・シアターで開幕し、2018年9月までに27,500回以上上演された。
2020年3月にロンドンで新型コロナウイルス感染症流行のロックダウンのため一時休演し、2021年5月に再演した。
日本語表記は「クリスティ」「クリスティー」がある。

関連作品

アガサ・クリスティが亡くなってから、46年と321日が経過しました。(17123日)