芸能人・経営者のおくやみ情報

華岡青洲(はなおかせいしゅう)

医師・外科医[日本]

(天保6年10月2日没)

1835年 11月21日 死去享年76歳

 - ウィキペディアより引用

華岡 青洲(はなおか せいしゅう、宝暦10年10月23日(1760年11月30日) - 天保6年10月2日(1835年11月21日))は、江戸時代の外科医。
記録に残るものとして、世界で初めて全身麻酔を用いた手術(乳癌手術)を成功させた。
欧米で初めて全身麻酔が行われたのは、青洲の手術の成功から約40年後となる。
諱は震(ふるう)。
字は伯行。
通称は雲平。
号は青洲、随賢。

関連作品