芸能人・経営者のおくやみ情報

夢野久作(ゆめのきゅうさく)

作家侶、詩人[日本]

1936年 3月11日 死去脳溢血享年48歳

夢野久作 - ウィキペディアより引用

夢野 久作(ゆめの きゅうさく 1889年(明治22年)1月4日 - 1936年(昭和11年)3月11日)は、日本の小説家、禅僧、陸軍少尉、郵便局長。
幼名は直樹、出家名は杉山泰道(すぎやまやすみち)、禅僧としての名は雲水(うんすい)、雅号は萠圓、柳号は三八。
現在では、夢Qなどと呼ばれることもある。
夢野久作の筆名は、昔の福岡地方の方言で、夢想家、夢ばかり見る人、という意味を持つ。
三大奇書の一つ『ドグラ・マグラ』をはじめ、田舎の風土を醸した、ホラー、怪奇幻想の色濃い作風で名高い。
初期には『九州日報』で童話や今でいう一コマ漫画もかいた。
詩や短歌に長け、『白髪小僧』中の神話、『猟奇歌』のなどに代表される。
父は政界の黒幕と呼ばれた玄洋社の杉山茂丸。
長男はインド緑化の父と言われる杉山龍丸。
三男は童話作家の杉山参緑。
「夢野久作と杉山三代研究会」の杉山満丸は孫。
1936年(昭和11年)3月11日脳溢血で死亡、享年47。

関連作品

夢野久作が亡くなってから、86年と263日が経過しました。(31675日)