芸能人・経営者のおくやみ情報

F・W・ムルナウFriedrich Wilhelm Murnau

映画監督[ドイツ]

1931年 3月11日 死去交通事故享年44歳

F・W・ムルナウ - ウィキペディアより引用

フリードリヒ・ヴィルヘルム・ムルナウ(Friedrich Wilhelm Murnau, 1888年12月28日 - 1931年3月11日)は、ドイツの映画監督。
サイレント時代の巨匠で、フリッツ・ラングらとともにドイツ表現主義映画を代表する監督である。
生涯[編集] 1888年12月28日、ドイツ帝国のビーレフェルトに生まれる。
父のハインリヒはドイツ北西部にある布工場の所有者であり、母は彼の2番目の妻だった。
そのため、2人の兄弟と2人の異母姉がいた。
7歳のときからはカッセルで育っている。
ハイデルベルク大学に入学して美術史と文学を学ぶが、幼いころから興味を持っていた演劇の世界に入り、ベルリンのマックス・ラインハルトによる指導下で俳優となり、演出助手も務めた。
やがて第一次世界大戦にパイロットとして従軍するが、スイスに不時着したことから抑留される。
その間に舞台の演出コンクールで一等賞を取り、ベルンのドイツ大使館でプロパガンダ映画の製作に関わった。
1920年頃のムルナウ 終戦後の1919年、コンラート・ファイトとともに映画スタジオを設立し、監督デビューした。
1922年、プラーナ・フィルム社の配給で『吸血鬼ノスフェラトゥ』を監督。
ブラム・ストーカーの小説『吸血鬼ドラキュラ』を映画化した作品だったが、ストーカーの未亡人に著作権侵害で訴えられ、1925年にフィルムの破棄を命じられてしまう。
様式化されたセットを使わずロケーション撮影を行い、ネガ反転やコマ落としな ……

推定関連画像

F・W・ムルナウが亡くなってから、93年と137日が経過しました。(34105日)